2016年07月27日

カウンターカルチャーとサブカルチャー



 なぜか非常に珍しくふと、早起きしてしまったので、早朝喫茶店でお茶をしながら、ホールアースカタログについての雑誌を読みふける。やはり、この時代の西海岸が大好きだ。カウンターカルチャー、その強さや勢いを感じる。このあたりのトピックに触れるだけで、なにか元気になる。



 で、日本のサブカルチャーという語彙は、あまり好きではない、ってか、嫌い。何故なら、どうしても"弱い"から。カウンター〜っていうと、体制や権力を吹き飛ばすエネルギーや、強烈な対抗心を感じるけど、サブカルっていうと、体制にあわよくばおもねる弱々しい気風、匂いを何処かに感じて、なにか全然、信用できない。だから、いわゆる"オタク"も、自分は大嫌いだ。拮抗する力に、何処か媚びへつらってるから。その"疎外された匂い"はなんだかとっても好きなのだけど。



 で…、スチュワート・ブランドの、とっても深くて気まぐれな気合いに、ふわりっ、と感化されて、なにか暑い中、ビールでも飲みながら半径777m圏内を深く気まぐれにう〜ろうろして、情報吸収&接種(情報収集ではない)。


 まずは、ふらりっと、通りかがりに美術館(別に入る気などなかった‥)。


IMG_8156.JPG


 う〜ん、意味不明に吸引されてみると、一瞬地味ながら、展示品、凄〜くいい。所蔵品を集めた写真、抽象画、日本画の展示で、微妙に濃い深い味わい。こりゃ、変な巡回展よりも全〜然、良い! 個人的に大ヒット。


 写真は、戦後頃の佳品。

 "女"が題材なのだけど、戦後の浅草のストリッパー、横浜の街娼、皇居前で米兵におもねる女、…というモチーフから、畑を耕す美しい生粋の日本の女、戦後の強い女、けだるい女…、など、”戦後の現代日本”を象徴するような、"女"が題材で、コンセプトが、とても素晴らしい。

 天才あらーきーは、敢えて女を撮らない、その瞬間、その間合いこそ、やっぱり天才だと思った。


 で、今度は現代の日本の抽象画。これって、今のNYやロンドンのオフィスに飾ったら、きっと最高にクールだろうな。。。ドラマのロケなんかで使用しても、こりゃ充分いける。岩本拓郎氏、椿義則氏の作品、などとても良い。



 さらに、江戸末期から明治、大正にかけての日本画。


 畳で鑑賞できるようにしてあるのも、とてもいい。まぁこのあたりは、それこそ世界のカウンターカルチャー人には垂涎の品々、という趣きですね…。


IMG_8191.jpg


 これは平安時代の竹取物語を、描いた作品(著作権は存在しないので至極勝手に掲載)。


IMG_8188.jpg


 最後のシーンは、富士山で、かぐや姫からもらった天の薬などを兵士をあげて燃やすシーンで、だから、"富士"(兵士がたくさんいる)の名前になった、などの逸話に感服。この平安の物語の着想の美しさに心惹かれる。


 大正期の仮名遣いをゆっくりと時間をかけて読み下しチェック。


 ん〜、できたら、これは美術館ではなく、日本家屋で蝋燭の火で一晩中、眺めてみたい…。


 ペーシュ・メルパとレモングラス・ジンジャーで、ぼんやりと現代美術の並ぶ庭を眺めて考えごと。


IMG_8195.jpg


 しかし、このイギリス産のデザインは、これまた微妙に良いですな…。

 上からも

IMG_8200.jpg

 横からも


IMG_8202.jpg



 次は隣の図書館へ。


 調べたい資料はそっちのけで、結局、目についたのはアビーロード・スタジオの黎明期からの写真記録。こうして読むと、全然、知らないことだらけ。目から鱗が盛りだくさん。


 ジョージ・マーティンの前に、初めてビートルズの4人がデモテープを録音しに来た時の話など、非常に興味深い。アビーロードでその後に録音される、あの偉大な作品群が、ほんの偶然、神様の気まぐれであった事がよくわかる。この偶然無しにあの人類が知るビートルズは、この世に存在などしてはいない。


IMG_8220.jpg
前期ジェフベックグループの写真。これ、アビーロードだったんだね。それで林檎が?


 やっぱり自分はカウンターカルチャーの子孫だと思った。自分にサブカルチャーのDNAは完全に、ない。

 21世紀の今、眺めると、60〜70年代のカウンターはもはやメインカルチャーに成ってる。さて、問題は、この次のカウンターポイントとカウンターライン、だろ。サブカルなんぞではない、硬派で強烈なカウンターラインを、オレは真芯で射抜いてやる。





posted by サロドラ at 07:07| art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

木村百合子&Matthieu Roffé  European jazz night


 7/9(sat)http://bit.ly/2906JEz

 本日は仕込みから独りで黙々と作業。簡易とは言えPA作業を自分でするのはあまり無い事なので、寧ろ普通のPAエンジニアが絶対にしない事をしてみる計画をする。

 で、仕込みが終わって、木村さんマチューさんご到着。お二人は何しろ連日の過密スケジュールなので、なるべく負担の無い方法をとっていく私の密かな方針。

 とりあえず、ゆっくりお茶して歓談。マチューさんは初めてのかき氷、しかも本物の地物抹茶を使用した大人の本格派抹茶味に挑戦。パリの事情などの色々なお話を拝聴。

IMG_8024.JPG

 会場入りしてサウンドチェックを開始。音の仕上げ方は、アコースティックだけど、繊細性を失わず、迫力を出すコンセプトを思った以上にうまくできたと思う。ライブハウスや、普通のホール・エンジニアリングでは絶対できない秘密の技を仕込んでおきました。


 で、急遽、本当は明日の長崎公演でされる予定の、映像と音楽の即興コラボレーションライブを今日、盛り込む事に!

 特別セミナーだけでも、充分凄いのに、ライブもまた、一度で二度美味しい、何か異様にゴージャスことに…。



 特別セミナー開始。

IMG_8025.JPG

 研究生は一応、それぞれのレベルで理論の基礎概論を習得していますが、今回のセミナーは私の思ったレベルの遥か上で、もうこれだけで、ライブを聴く以上の価値満載でした。

 私が特に興味深かったのは、アメリカとは違う、ヨーロッパ特有の考え方なのだけど、さすが、音律も、和声も、本家本元の深みの部分に触れて頂き、そもそも誰よりも私個人が現在取り組んでいる、音楽のクジラを捕まえる壮大な話の、それは決定的な要素に触れてきました。


 なぜ、私は今、そんな事に執心しているか? 本当の事実がほとんど全て明瞭になりました。


 ほんの一例をここだけの話、少し挙げると、


 音というのは宇宙からやってきていて、ドレミ…の7音は太陽系の惑星にそれぞれの音が当てられており、その色彩が存在していること。そのノートにそれぞれ固有の星の響きを感じること。


 …まるで、変なスピ系の話に援用されかねなく見えるかもしれない、この深いお話こそ、実はそれこそ、旋律の本質を言い当てており、音楽という文明の根源に触れる話題です。


 また、モード(教会旋法)の扱い、そのヨーロッパ特有の個性。

IMG_8046.JPG

 マイルスのクールジャズ以降のモード奏法は、複雑化し過ぎたビバップのハーモニー・アプローチのアンチテーゼで発展した経緯がありますが、それを更に反対にひねり返す様な発想でした。


 とにかく、これは日本でもアメリカでも学べない、深い歴史の経緯や感受性から来る最先端にして本物の音の技法、考えを啓示してくださいました。


 日本やアメリカで音楽を学ぶ人で、これらの真の音の根源に気付く人など居ない筈です。


IMG_8041.JPG


 更には、日本の文化からの特に精神文化からのインスピレーションを、具体的にどう形にするのか、そのアティトュード。


 聴いている若い研究生達にも、それは頭ではなく、魂で感じる部分があった、と思います。



 今日、ここに来た人は、冗談ではなく、音楽の本当の本質を求めてパリに留学して、数年も学ぶのと同等の価値を数時間で手に入れたと思います。私が思うに、具体的には1000万円くらいかかる値段の作業のエキスと、それは同等だったと思います。今日参加した研究生はそれを自分なりに生かしていってください。

 少なくとも私個人は、もう既に己の為しとげる音楽旅行の地図、設計図の基礎を創ってしまいました…。




 で、休憩をして、ライブ鑑賞。映像コラボから。

IMG_8049.JPG

 なんと、映像とは1933年の日本のモノクロ、サイレント映画、『東京の女 小津安二郎監督』。


 …………。。

 …………。。。


 小津って、こんなだったのか??? タルコフスキーかと思ったぞ、おれは…。。


2016791.jpg

 
 で、予定通りの通常のデュオ。私がミックスをしながら、マチューさんのヨーロッパの繊細で深い色彩と、木村さんの東洋の寡黙な曖昧な空気が、融け合い、ファインアートの油絵の様な素晴らしい音が、指先のフェーダーの先に紡がれていく…。


20193.jpg


 で、私も混ざったはいいが、脳はギターなんぞどころじゃない場所に飛びっ放しの上、あり得ない2、3のミスも影にあり、私のギター史上でも最悪なプレイに…。。(なんじゃ、そりゃ?) ある意味、リスナーからすればオモロい体験ではあったかもしれぬが。。これもまた、天の配剤と見做すなり。

 が、ギリシア人に習い、私は"反省"など絶対にしない。それも天から与えられた形を変えた恩寵である。その背後の意味が自分でもよく見えるから…。


 終演後、CD販売で、お客様方と歓談、アート・トークに花が咲く。

IMG_8067.JPG


 いやー、、、濃厚、濃厚を超える、濃厚な一日でした。


 
 さて、今度は、私がお礼にパリからのお二人を捕獲して歓待しまくるなり。

 まずは私も愛泉する県内最高の温泉でじっくりと和み癒して頂き、皆で食事に行くと、まるで小津映画そのものみたいな店に行き当たって、打ち上りながら、これまた芸術談義に。

 ここは50年代の東京か、60年代のパリなのか、、一体、ここが何時で、何処なのか、なんだかよくわからん状況に。これぞ時空を超えたマルチカルチャリズムである。


 地酒を飲みながら、小津映像と宮崎駿作品の類似性について、だとか、風立ちぬが特に好きだ、だとか、三島の最後の行為に涙が出てしまう、などというどツボな話で異様な盛り上がりを見せる。。も一軒、いこ、などという古き佳き日本のオヤジな風情の、パリ気鋭の若手のマチューさんに、現在の私のクジラのお話も少々ご意見を相談してみたりする。


 で、さろどら教室にて、お休み頂くのだが、書の作品の鑑賞のツボなどをお二人に解説したりして、感銘を受けておられるお二人と私には、もう眠るまで異様に濃厚な空気感が消えぬ‥。


 
 で、早朝、起床してお二人は今日は長崎に向かうので駅まで送るついでに、雪舟庭をご案内。

IMG_8071.jpg


 何か、鳥肌が立つような感銘をマチューさんも木村さんも感じて頂いたようで、そのことにこっちも深く感銘を受けたという…。


IMG_8072.jpg


 お二人のツアーは、まだ続きます。たまたまここをお読み方、絶対に"生"で観に、行ってください、、いや、行きなさい!!!



 この続きはぜひパリにて。



posted by サロドラ at 07:07| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

JULIAN BURDOCK with SALONDORANJU One Night Acoustic Live Session


julian2016pb.jpg


JULIAN BURDOCK with SALONDORANJU One Night Acoustic Live Session


★詳細web
http://www.salondorange.com/amo/sdm2011/JulianBrudockLive2016.html

8/14(sun)@Organ’s melody
pm20:30 open pm21:09 start    adv3500 day4000 (+drink order)

お問い合わせ ticket予約; こちらまでメールかお電話にてお願いします 
xalondoranjumusi@csc.jp 冒頭部xをsに変換してメール 083-922-0389

PRESENTED by SALNODORANJU MUSIC


 今回は一夜限りのギターセッションをします!…で、その前後に"THE 秘密企画"もありますが、これはネットでは公表しません。

  さて、今年に入っての音楽家としての私自身は、まるで海でクジラを一人で捕まえる様な、とんでもなく膨大なことに執心、没頭しまくっていて、今回のジュリアンからのお話も、最初は何か正直自分にピンと来なかったのですが、今のこんな自分が、普通にブルースやロックチューンを演奏したらどうなるか? それもお互いよく知ってる、素晴らしいギター弾きのジュリアンが何をオレから引き出してくれるか?、とても、興味深いものがあります。たぶん、凄く良いセッションになるんじゃないかな、と思っています。どうぞ、生ライブにお越しください。きっと素敵な、面白いものが観れますよ!


posted by サロドラ at 07:07| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする