2016年08月16日

British and Japan soul 〜May the blues force be with you〜

 
http://bit.ly/29OHJjU

 
 3年ぶりの再会となりました。

 まずは再会を祝して、乾杯!

IMG_8279.jpg


 で、打ち合わせ‥と言う名目だが、別に"打ち合わせ"など野暮なことはせず、オモロい音楽の話を喋って遊んだ(笑)。

IMG_8281.jpg


 
 さて、今回の秘密プロジェクトとして、ブルース・ジェダイ・マスターのジュリアンから、私が特別に選任したメンバーに神秘のブルース・フォースの伝授する儀式を行うという、異様にオモロい、名付けて"Blues Star Wars Project"から入る。


 ↓ 灌頂式を受けるジェダイの騎士たち…(笑)

IMG_8294.JPG


 さろどらも助監督&通訳を

201681415.png


 30年代頃に南部のブルースマンによく使用されていた、リゾネーターギターによるラップスティールの演奏技法を贅沢な事にも目の前で観覧

IMG_8299.JPG



 このドブロは長野にある日本が誇るカスタムメイドギター工房、77(seventy seven)によって特別製造されたジュリアンのカスタムモデルです。 

IMG_8301.JPG




 で、サウンドチェックは音決めだけは厳密にして、リハはあえてあまり詰めずに本番に望んだ。やはりリハの一発目の音が何しろ最高だった。

 …という事は、リハ、などと言うものを、やはりしてはいけなかった気も…(笑)。


 夜9:09:09に本番。

20168141.png

20168142.png

20168143.png

20168144.png

20168145.png

20168146.png


 

 ☆ 本日のサプライズゲスト・コーナー


 claptonの"いとしのレイラ"をロンドンと日本のおじさん2人と一緒に弾く、気持ち良さそうなあゆみちゃん(笑)

20168147.png


 さらに"ジェダイの騎士"になるべく次々と全員、これぞ本物のオモロくてエロいスペシャル特訓状態に…(笑)


20168148.png



で、2時間超たっぷり皆さんと楽しみました。


20168149.png





 今は都会の大学に行ってる元研究生の皆や、僕の同級生達も沢山来てくれて嬉しかったなぁ。


 そんな人達に囲まれて、こうして同じ歳のイギリス人のジュリアンと、いつも自分がよく演奏する日英合作と言える"Forbidden colours"を今夜は一緒に弾いたのだけど、何か特別に胸にせまるものがありました。



 お盆の中日にあたるこの日を、そんな風に過ごし、例によって朝まで飲み語らい、昼頃にまだ夢うつつの微睡みのままで瞑目して聴いた、終戦記念日の正午の黙祷を告げるサイレン音は、私には特別な何かの知らせを告げる合図の様に心に響く。



 まるで、今、生きてる僕らと、もう過ぎ去った人達、全員で、この世界や未来を一緒に回していってる気がした。


 この"すべて"が、とっても、素敵で、美しい…。


 それはまるで、すべてが何億光年の瞬く星空のようだ。





posted by サロドラ at 09:09| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする