2013年08月26日

Grape


 さて私のフルータリアン生活も、いよいよ本格化の一途をたどっていますが、8月になってほとんど私の毎日かかさぬ主食ともなってるのが葡萄です。

 オレはジュースと葡萄で生きてるのではないか?という趣を呈しているのですが、こう毎日葡萄を食べてると、さすがにその味に凄く敏感になり、葡萄評論家めいた見識すら脳内にぐるぐる膨らみ始める始末です。

 だいたい普段は福岡産の特売品を食べる事が多いですが、たまに岡山産の高級ものにも手を出したりします。しかし、これもまた高級品だから必ずしも美味しい、って訳でもやはりない。

 値段の張るものは、粒が大きく、皮に張りがあって、弾力に富んでいますが、味は寧ろ大味だったり、弾力ゆえに果実の部分も何処か無駄に固い感触がします。そういうのは見た目ゴージャスな割にはあまり実質がない…。

 案外、中庸な大きさのものが良いのか?などという最近の結論ですが、今日たまたま入手した葡萄、、、これが凄かった。


 co-opで店先にあって値段も適価なので、買って帰ったのですが、食べてみて、えっ?と思わず自分の舌を一瞬疑いました。

 何か別のものと一緒に口にしたのか?と疑う程、複雑な香りと甘みに満ちている。


 思わず何粒も食べてみましたが、アロマティックと形容したくなる程の香りが舌先に広がり、柔らかさ、瑞々しさ、申し分無しの逸品です。


 で、これは???っと、驚いてネットで検索しました。

 萩の渡辺農園という小さな個人農園の産です。(すみませんリンク無断で貼らしてもらいます)
 http://genki-onoda.seesaa.net/article/106406923.html

 読むと、なるほど。。。こりゃ美味いはずだ。

 まず土、これはやはり超大切です。大量生産の農園なんかでスーパーに出る安価な野菜、フルーツの味覚的問題点は、だいたいは土の質、土壌に於ける生産数によるもの(過剰生産だと、水分や栄養の吸い取りが悪い、粗悪品になりがち)だと考えられます。

 こういう実質の品質は、見た目ではちょっとわからないのですが、食べるともう全然味が違います。

 香り、甘み、水分の含んでる量と質、、。

 いやー、本物の良いもので出会った。これだけ毎日喰いたい(笑) 心も体もさぞかし健康になりそうな様な…。。。




posted by サロドラ at 02:19| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

ノーマンウォーカー式 超ローフード食事生活 1ヶ月達成


 前回前述のほとんど修行僧の五穀断ちに近い食生活が、計画通り今日で一ヶ月たちました。

 で、そのレビューですが、非常〜に調子が良い。

 寝覚めのスッキリ感は人生初とも言える快適さで、栄養状態ももしかしたら普通に外食などするより多く接種してる気も。



 毎日、朝 バナナと何かのフルーツ&人参リンゴジュース

 夜 サラダ一皿と豆腐半丁(これは自分の好物なので)とナッツ類、野菜ジュース 

 デザートにヨーグルトかフルーツ。

 これだけ。これ以外一切口にしない。



 しかしこの野菜ジュース、野菜の量がここで沢山とれていて、1日の分量は、人参5、6本、キャベツ丸ごと1個、リンゴは1日2、3個くらい。
 サラダは、色々な種類の野菜をとにかく生で。これが初めて生で食べるものばかりで、とてもうまい。かぼちゃなんて初めて生で食べたけど、天然の甘みがあって美味なり。


 よく考えると、ここには一切の食物添加物が無い。そして精製された、砂糖や米、小麦などもない。要は怪しげな化学物が完全にゼロ。

 もともと私、割とグルメな方だけど、ふと思ったのは、どんな料理もこれら天然の味覚には全然叶わない。

 事実、私の味覚は寧ろ繊細な味に非常に敏感になってる。これについて思いあたるのは、史上最年少で三ツ星シェフになったアラン・デュカス氏が普段何を食べてるか?とのインタビューで、湯むきのトマトにオリーブオイルを少しかけて食べてる、という答えていて、そのシンプルさに驚いたのだけど、これは実は味覚を鍛えるのは、素材の味自体への鋭敏さが、こういう食生活でこそ磨かれるのだと気がつきました。

 

*******

4/6
 HHR live at 博多しらいんがた

そういう訳で体調がとても心配だったのですが、無事フルセットのライブができました。
 …というか疲れ知らずな感じでオレが一番元気だったのかも???

 博多でこういう往年のロックを演るのは、何か物凄くしっくりくるね。

 荒天の中、場内に入り切れない程の大入りのご来場をくださいました。chuckさんのご友人kちゃんやマスターさん方のご尽力ありがとうございました。メンバーの有田さんには機転をきかせてチケットも急遽制作配布していただきました。たいへん感謝です、ぜひまた演りましょう!


 ライブの一部映像をyoutubeにアップ.

Slow Blues (Cross Road)/ HHR
http://www.youtube.com/watch?v=hDXCTP1Pvq4

Whippersnapper (cov.wayne krantz)/ HHR
http://www.youtube.com/watch?v=IUqH7xCDgfw

Stratus(cov.billy cobham)/ HHR
http://www.youtube.com/watch?v=_gL5jcMYTHE



IMG_2003.JPG


 

posted by サロドラ at 00:43| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

白くま


さらにふと見ると、私の私的近隣グルメ紀行も足音をぴたりと止めてるかの様なのでちょいといきましょう。


111031.jpg

がっつりいきました。。。

実は夏からコンビニ白くまアイスを食べながら「ぜひ本物を食べたい♡」という欲求を沸々と感じ、白くま本家天文館のHPを眺めては悩み眺めては悩み、よっぽどモノホンを食べに鹿児島までいってやろうかしら?と独り悩ましくも悶々としていたのですけど、なんと向こうの方から数十メール近くのデパートまで来ていただきました。


しゃくしゃくしゃくしゃくしゃくしゃくしゃくしゃく


ふわりとした氷の舌触り、ミルクの甘み、WATAKUSHI,喜びに打ち震えました。
スタンダードは大盛りなので充分満腹。


テイクアウトも買いだめしたしね。

明日までみたいっスよ。



***

ついでにこちらも。

そのデパート裏手のバール(「カフェではなくてよ、オホホ」と、サロドラ美さん談 )にて、ブイヤベースを食す。こりゃ旨い。プロヴァンス料理はフランス人の書いた本を持っていて、気が向くと本を片手に自ら創作したりもしますが、市内できちんとしたブイヤベースが食べれるのはたぶんここしかないと思います。値段も手頃なり。アイオリソースも完璧。極楽極楽。

111032.JPG
食後にクレームブリュレとフレンチワインの赤。




posted by サロドラ at 22:23| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

Fruitarian


私はフルータリアン‥、と本当は言いたいのですが、実際は単なるラクト・ベジタリアンです。

 でもネットを眺めるとこの10年でかなり世間的にも私と同じ人が増えたと思います。

 15年前は、『俺、フルータリアン』とか言っても誰もその言葉すら知らなかった(笑)。しかし本当に純粋なフルータリアンって、きっとまだ世界でも少ないでしょう。

 その当時、私は1カ月だけ、純フルータリアンをしてみましたが、色々な事情でそれは1カ月が限界でありました。

 挫折理由その1. 
 
  お腹一杯フルーツを食べるとなると、毎食ステーキを食べる以上にお金がかかる。異様な食費増大になってしまいました。…そりゃ、メロン一つでも最低2、3千円はするし、その上、大好きなマンゴー、ベリー類、スターフルーツも並べて…、とかしてると、そりゃもう凄いゴージャスな状態です。

 他には、木の実、ミルク類(ヨーグルトとかバター)、を主食とします。これはインドや中国の古い聖典の記録から類推してこのスタイルに成りました。


 挫折理由その2.

  ベジタリアンに切り換えた時も、随分クリアーな気分になるものですが、その上を行くクリアーさで、本当に目の前の風景が変わります。空気の透明度が高いというか、光りの光量が強いというか…。

  
  これはかなり楽しいのですが、全てが明晰なのは、かなりちょっとキツイ。もしも道行く人達の心の内面を全部見えたとしたら、どうでしょう? 世の中悪人だらけにしか見えなくなります。それよりもっと深く見ると、本当は皆さん、神様の様に善人なのですけどね…。

  
 挫折理由その3.


 やっぱ体力落ちる。。。朝を起きて、手を挙げようとすると、なんか挙がらない…。しかし、コンクリート壁状態の都会ではなく、まわりが大自然に囲まれた場所だと、ちょっとこれ、違うのかも。。。なんか外からの力の加減が良い場所だとね…。


 そういう訳で都会のフルータリアンはたった1カ月で失敗しましたが、今、イナカだし、またいつかチャレンジしようかな、と。


 哲学的には、フルータリアンこそ、人類至上の食生活である事を私は信じます。食物連鎖の輪からもっとも遠く、真に人間的な肉体的要求、精神的要求を満たすものではないでしょうか。

 最近、日本文化の発祥を追ってたら、それは人類文化の発祥に繋がったのだけど、その場所はずばり南国なのです。フルーツが有り余る程自然にできる…。思うに、本当は人類ってもともとフルータリアンだったんじゃないのかな?

 ゴリラとか猿って、木で果実を貪って生きてるしね…。

 ある意味、魚を釣ったり、動物を狩猟したり、そして農耕を始めたのが、人類の特有な発展をみたのだろうけど、おそらく本質…(それは肉体の姿形とか、精神の霊性とか)、から見るとひどく不自然な事をしたのかも知れない。

 初期の小乗仏典なんかには、人間が動物を殺して食べようとした瞬間に、神々が猛反対した、などという記述もありますね。

 今、流行の環境問題って、結局ここから既に始まった訳だからね。ディープエコロジーは、確実にベジタリアンも通過してフルータリアンに帰結するだろう、というのが私の見解です。

 アダムとイブが食べるのは「禁断の果実」であって、魚や動物じゃない、ましてや野菜や米じゃない。




 ま、しかし実際は、とりあえず、禁酒、禁煙して、と(笑)。ラクトベジを続けようかな、っと。いつかはフルータリアンを。ゴーギャンみたいにそこらじゅうにフルーツがある南国に移住するかな…。


***
posted by サロドラ at 16:54| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

The macallan 1977


 温泉に浸かった後、barで飲みました。私は酒というよりもその空気が好きで、たまに本を読みながらbarで一時を送ります。

086281.JPG


 プロヴァンスの修道院で創ってる『peche』という名の桃のリキュールをテイスティングし、北海道の地ビール、『ひぐま濃いビール』という黒ビールを飲みました。


086282.JPG



 ‥と、ここまでは普通に美味しいお酒なのだけど、問題はこの次に口にした、ヴィンテージ・スコッチ『The macallan 1977 serial-298 』です。




  ……………………………………。。。。 ??????




 これは凄い、‥というか、お酒を飲んでる、というよりも、何か別の体験をしてる気がするくらい不思議な体験でした。


 喩えると、口の中やお腹を柔らかなシルクで優しくふわっ、と撫でて貰う様な、そして創り手の心の世界や、スコットランドの風景や伝統の世界が、突然目の前に現出するかの様な、それはほとんど美術館で芸術品を鑑賞するのと同じ種類の体験でした。

 
 驚きました。。。。。 たぶんこれこそ、嘘偽りの無い、本物のお酒の世界なのでしょう‥。


 今まで人生で飲んだ中でも、最高のお酒のテイスティングの瞬間でした。


086283.JPG



 これは1977年製のビンテージなのですが、スコッチのロールスロイスと形容されるmacallanの中でも、一切の混ぜ物をせず、樽から直だし手作業で瓶詰めしたものです。

 つまり同品質のものは、一つの樽からとれる数十本のみです。それは二度と同じ味には成りません。それに数十年寝かせる課程による経年変化が加わり、創り手のスピリッツと自然の偶然が生み出した産物です。

 たまたま、メニューにも載せて無く、これが最後の一杯、というのを頂きました。



 私は今し方スコットランドに旅して来た様な至福に包まれました。。



マスターと一時ソウルフルな話題を楽しんで、最後に林檎の生絞りジュースを飲んで帰りました。






*****
posted by サロドラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

caribbian cafe gourmet


朝起きて最近よく行くcafeでしばし和みました。
本日のおすすめ、とやらのcaribbian cafe gourmetという深みのある味わいのコーヒーとマフィン。
こういうところでぼんやりと音楽を聴いて考えてると
いろいろアイディアが浮んでくる‥。

posted by サロドラ at 00:00| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

Rosso del contadino2


 cafe escasaでカレードリアのランチとシチリアワイン
を…。

 このワイン、Rosso del contadino2という名でFrank Cornellisenというまるで仙人みたいなおじさんがつくってるそうな。

 ロゼの様な色の赤ワインなのだけどこれはずばり好みの味。

 ワインも音楽と同じで創った人の心の風景が見えてくるのだけど、きっと創造的なこだわりの強い人なのでしょう、この創り手は‥。

 ランチも美味しかった。

 初記事がグルメに。多分このブログはグルメ日記になりそうな予感。。

posted by サロドラ at 00:35| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする